無線LANの選び方いろいろ

インターネットは地球人全員に平等な権利をもたらすために作られたものです。昔は情報は一部の特権階級の人種にのみ流通されていたため、情報の操作が可能で、都合の悪いことは隠蔽され、作られた情報が流れて来ることもたくさんあったのです。



このような状況を危惧したアメリカ人が1950〜1960年くらいにインターネットの原型を考え、1969年にはARPANETを開発しました。
その後、アメリカの大学間での通信が可能になり、そこから拡大して1980年〜1990年初期にかけてインターネットは産声を上げます。当初のネットワークは有線のケーブルが使われていたため、無線LANの環境は一切ありませんでした。

パソコンが普及し出して以来、インターネットに接続するためにはLANケーブルと電源コードが必要で煩雑さがあったため、苦痛に思った人たちが無線LANを規格化して、徐々に無線が普及します。
パソコンは、有線LANのコネクタが標準で搭載されていましたが、徐々に無線の子機のコネクタが搭載されていきます。



自宅等に設置するルータは有線LANが通常でしたが、これも親機が搭載された無線LANルータに取って変わりました。



無線LANの選び方はさまざまですが、家電量販店ではいろいろなメーカーから商品が販売されていて、価格も低価格のものがたくさんありますので、用途にあったものを自身の選び方で選択できます。
店員に選び方を聞いて見るのも良いかもしれません。